Facebookページの運営目的(2:既存患者さんのケア/関係構築)


クリニックのFacebookページを作成・運営する目的と、期待する効果をクリニック内でスタッフと共有しましょう。
クリニックがFacebookページを作成・運営する大きく3つに分類されます。

1:新規患者の獲得/集患

2:既存患者へのアフターケア/関係構築

3:スタッフのモチベーション向上

本ページでは、

「2:既存患者へのアフターケア/関係構築」

についてご説明させていただきます。

病院・クリニックの状況によっては、「新規の患者さんはこれ以上増えても困る程忙しい・・」というところでも、今来院していただいている患者さんと信頼関係を深められるなら、Facebookページをやってみたいと考えられる方も多いようです。

診療現場でのコミュニケーションが、最も信頼関係を深めることができる場。しかし多忙な病院・クリニックさんほど、1人あたりの診察時間は短くなってしまいます。その結果として患者さんからは「しっかり診察してくれているのか?」など不満の声も生まれる状況になってしまいます。なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。

「コミュニケーションは受け手が決める」という言葉があります。

医師からすると、1人でも多くの患者さんを診療したいという医師側の想いががあったとしても、患者さんに伝わっていなければ、コミュニケーションの結果は、「しっかり診察してくれているの?」という結果になります。

またコミュニケーションは「質」もさることながら、「量(時間)」も大切である言われています。
ちょっとした事でも適度に接しているとお互いの相互理解が深まり、信頼関係が高まる効果が生まれます。

Facebookページは医療機関からのちょっとした情報配信を行うことで、患者さんとのコミュニケーションの量を増やすことができます。また、Facebookは実名ですので、実際の患者さんが「いいね」してもらえると患者さんの日頃のライフイベントも知ることができるため、患者さんを診療する際にバックグランドも含めて診察できるようになる可能性もあります。

まとめると、クリニックはFacebookを活用すると、

  • 医院のことをもっと伝えることで患者さんとの信頼関係の基礎を構築します
  • 患者さんの事をもっと知る事ができます
  • はじめに

    Facebookとはなにか

    医院経営・薬局経営にFacebookを活用

    Facebookページ作成後にすること

    Facebookページ作成:ウォールへの投稿内容は?

    医院開業・薬局開業を考えている方へ

    Facebookページ作成事例