Facebookページの運営目的(1:新患増加)


クリニックのFacebookページを作成・運営する目的と、期待する効果をクリニック内でスタッフと共有しましょう。
クリニックがFacebookページを作成・運営する大きく3つに分類されます。

1:新規患者の獲得/集患

2:既存患者へのアフターケア/関係構築

3:スタッフのモチベーション向上

本ページでは、

「1:新規患者の獲得/集患」

についてご説明させていただきます。
Facebookページを作ることで5つのルートで新規の患者さんの集患効果が期待できます。

  • 集患ルート1:Google検索などで検索された結果の流入
  • Facebookページを作ることで、Googleの検索結果に表示され、クリニックの存在を伝えることができます。ホームページだけではなく、Facebookページを持つ事で、患者さんとの接点が増えるため新規の患者さんの目に止まる確立が高まります。

  • 集患ルート2:Facebook内での検索を通じて
  • FacebookにもGoogle同様の検索機能があるため、Facebook Pageを持っていると、Facebook内の検索に表示することができます。日々増えているFacebookユーザーにクリニックの存在を知っていただくことができます。

  • 集患ルート3:Facebook内で友達の口コミを見て
  • Facebokページを持っていると、「いいね」を集めることができます。そのため、Facebookを使っている患者さんなどが「いいね」をしてくれると、患者さんの友達にもクリニックの情報を伝えることで、新規患者さんを集めることにつながります。

  • 集患ルート4:Facebook内の地域広告を見て
  • Facebookページを持っていると、クリニック所在値から16km以内の利用者に対して広告を配信することができます。電柱広告や、地域ポスティングチラシ的な機能も持っています。

  • 集患ルート5:スマートフォン向けのcowellアプリを通じて
  • 現在開発中のcowellスマートフォン向けアプリケーションにクリニックを表示することができます。スマートフォンユーザ向けにも情報を届ける事で、新規患者さんの増加につながります。

    はじめに

    Facebookとはなにか

    医院経営・薬局経営にFacebookを活用

    Facebookページ作成後にすること

    Facebookページ作成:ウォールへの投稿内容は?

    医院開業・薬局開業を考えている方へ

    Facebookページ作成事例