Facebookページとホームページの違いは何?


ホームページとFacebookページの違いは何?

様々な点で異なりますが、クリニックや病院にとって大事なポイントは次の3点です。

Facebookページとホームページの違い

クリニック周辺地域にだけ情報配信ができる

ホームページの場合は、全世界に対しての情報配信となりますが、Facebookの場合はクリニック周辺地域の方へのPRが可能となります。これは、電柱広告や、ポスティングチラシのような効果があると考えられます。

Facebookは実名での口コミにより情報が広がるため、既存の患者さんに「いいね」を押していただけると、既存の患者さんの友達にも情報が広がるため、地域仲間に情報が広がる仕組みがあること。
また、Facebook広告を使うと、クリニック周辺にだけ広告を配信することができるため、地域の新規患者さんを集めたり、既存の患者さんへのPRが可能です。

ページを見た人が誰か分かる

ホームページの場合は、アクセス解析を駆使しても誰が見たかまでは分かりませんが、Facebookページの場合は誰が見てくれたのか(いいねしてくれたのか)が分かります。そのためFacebookページの効果を考えるのに役に立ちますし、既存の患者さんとの関係をつなぐことに貢献してくれる可能性があります。

ページ訪問者への連絡が簡単

ホームページの場合、訪問者に対して連絡を取るにはメールアドレスを登録してもらう必要がありましたが、Facebookページの場合は、メールアドレスが分からなくてもメッセージを送付することができます。電話などで連絡が取りにくい時などの代替の連絡手段としても活用できますね。

はじめに

Facebookとはなにか

医院経営・薬局経営にFacebookを活用

Facebookページ作成後にすること

Facebookページ作成:ウォールへの投稿内容は?

医院開業・薬局開業を考えている方へ

Facebookページ作成事例